特撰杜仲茶のタグを付けられた記事一覧

これでダイエット効果も増加?!効果的な杜仲茶の飲み方とは?

今では色んなお茶が溢れていていますが、多くの人が飲んでいるお茶の中で人気なのがダイエット効果のある杜仲茶です。

桑の木の代わりに、長野の農家で植えられた杜仲の木から杜仲茶に用いる杜仲の木皮が採れます。

杜仲茶の元となる杜仲の木は中国の中南部が原産ですが、最近では中国だけでなく各国で売られていますね。

年齢に関係なく杜仲茶は飲めますので、家族ぐるみで杜仲茶を飲んでもいいでしょう。

カフェインが一切含まれていないお茶なので、杜仲茶はいつでも飲むことが可能です。

 

この杜仲茶、飲み方を変えることで違った効果が期待できることをご存知でしょうか。

杜仲茶は温かくても冷たくてもダイエット効能に変わりはありませんが、特にダイエット効果を期待する場合は、濃い目にすると良いようです。

また、ダイエット目的なら結果を焦らないことが杜仲茶ダイエットでのポイントです。

杜仲茶で体脂肪が減るには、しばらく継続して飲む必要があるということを知っておきましょう。

 

別の飲み方では、よく冷やした杜仲茶を用意し、焼酎やウイスキーで割って飲んでみると新たな味を発見することができ、ダイエットにもなります。

体に疲労が溜まっている時は、温かい杜仲茶にハチミツを適量溶かし込むと新たな味わいが楽しめます。

杜仲茶の本来の味わいがハチミツの甘みで引き立てられ、優しい味になるでしょう。

レモンの絞り汁に杜仲茶を加えたドリンクは、さっぱりとしていてビタミンCの補充にも効果的な一品です。

レモン杜仲茶は冷たくても温かくても合いますので、杜仲茶ダイエットを長く続けるにはとてもいい飲み方です。

 

杜仲茶を温めて飲むか冷まして飲むか、ということ以外にもハチミツやレモン、お酒を合わせることでまた違った楽しみ方もできます。

ダイエットが目的でもずっと同じ飲み方だと飽きてしまうこともあります。

こういったひと手間を加えて楽しむのもよりダイエットを長く続けることに繋がりますね。

タグ

杜仲茶ダイエットって?その効果とは?

杜仲茶ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。

ダイエットに使用される杜仲茶について調べてみました。

杜仲茶に用いる杜仲とは、同名の木の樹皮から作られます。

この木は中国の中南西部からベトナムにかけて分布しており、幹の高さは20メートルにもなります。

杜仲の樹皮は採取のしすぎは木に悪影響なため、わずかしか入手できません。

そのため杜仲は中国国内でも高級品として扱われていました。

少ししか採取できないために杜仲の希少価値が高かったようです。

杜仲は高級品として扱われ、普通の人々には到底入手できないものとされていました。

杜仲茶の材料となる杜仲は長野県の伊那地方でも栽培されていますが、中国からの輸入品が大半です。

 

杜仲茶にはゲニボシド酸が豊富に含まれており、これがダイエットを促進させます。

ゲニボシド酸には、肝臓の脂質の代謝機能と大腸のぜん動運動を促進させ、脂肪やコレステロールの再吸収を抑制してくれるのです。

長年貯め込まれた脂肪を効率的に減らすために、杜仲茶ダイエットが役に立つと言われています。

杜仲茶の成分であるゲニボシド酸はダイエット効果以外にも副交感神経への働きかけにより血管が拡張します。

末梢血管にもスムーズに血が通るようにもなり、冷え性や高血圧の効果が期待できるようです。高血圧や冷え性に悩まされているという方は、この機会に杜仲茶のダイエットに挑戦してはどうでしょう。

 

タグ

杜仲茶にはダイエット効果の他にも意外な使い道が

ダイエット目的で杜仲茶を愛飲しているという人は少なくありません。

けれども、杜仲茶が体に及ぼす作用は、ダイエット作用に限った話ではありません。

メタボ改善がこの頃は盛んに訴えられていますが、杜仲茶はメタボ改善、メタボ予防にも効果的です。

今食べているものをチェックしなおすことが、メタボ改善やダイエットの基本です。

昔から、中国では名医とは病気になる前に食事などで健康を保つ医師であり、病気になってからでなければ治療できない医師は二流とされていました。

病気にならないように食物や薬物による健康作りを根本に置いている中国人は、杜仲を健康維持に欠かせないものとして尊重してきたのです。

杜仲茶ダイエットに取り組むことによって、ダイエット効果だけでなく、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の改善も期待できます。

 

さらに杜仲茶には意外な使い道もあります。

それが杜仲茶の茶殻や煮出したパックです。

成分を抽出した後の茶殻も活用できるのが杜仲茶のいいところなので、捨てずにとっておきましょう。

使用済みの杜仲茶を乾燥させると、お風呂に入れる入浴剤として利用できるようになります。

お茶に煮出しきれなかった成分によって湯に浸かった皮膚を若々しく蘇らせてくれるできるでしょう。

また植木の根元に、煮出した後のパックをほぐして土に戻してあげましょう。

植物が土中から養分を吸い上げる作用を促進し、全体的に生気に溢れた植物にしてくれるだけでなく、虫に強くなるという作用が杜仲茶にはあります。

 

飲むだけでなく茶殻や煮出したパックまで使えるのも杜仲茶の魅力の一つですね。

タグ