ゲニボシド酸のタグを付けられた記事一覧

杜仲茶ダイエットって?その効果とは?

杜仲茶ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。

ダイエットに使用される杜仲茶について調べてみました。

杜仲茶に用いる杜仲とは、同名の木の樹皮から作られます。

この木は中国の中南西部からベトナムにかけて分布しており、幹の高さは20メートルにもなります。

杜仲の樹皮は採取のしすぎは木に悪影響なため、わずかしか入手できません。

そのため杜仲は中国国内でも高級品として扱われていました。

少ししか採取できないために杜仲の希少価値が高かったようです。

杜仲は高級品として扱われ、普通の人々には到底入手できないものとされていました。

杜仲茶の材料となる杜仲は長野県の伊那地方でも栽培されていますが、中国からの輸入品が大半です。

 

杜仲茶にはゲニボシド酸が豊富に含まれており、これがダイエットを促進させます。

ゲニボシド酸には、肝臓の脂質の代謝機能と大腸のぜん動運動を促進させ、脂肪やコレステロールの再吸収を抑制してくれるのです。

長年貯め込まれた脂肪を効率的に減らすために、杜仲茶ダイエットが役に立つと言われています。

杜仲茶の成分であるゲニボシド酸はダイエット効果以外にも副交感神経への働きかけにより血管が拡張します。

末梢血管にもスムーズに血が通るようにもなり、冷え性や高血圧の効果が期待できるようです。高血圧や冷え性に悩まされているという方は、この機会に杜仲茶のダイエットに挑戦してはどうでしょう。

 

タグ

小林製薬 特撰杜仲茶の詳細・評判

ダイエットに効果があるといわれ爆発的に認知度が高まった杜仲茶。

現在では小林製薬だけではなく色々なところから杜仲茶が販売されていますね。

 

そもそも、杜仲茶はなぜダイエットに効果があるのか、ですが

これは杜仲茶に含まれている「ゲニボシド酸」のおかげなんですね。

 

ゲニボシド酸という成分が肝臓の脂質の代謝機能と大腸のぜん動運動を促進させ

脂肪やコレステロールの再吸収を抑制してくれるからなんです。

ゲニボシド酸にはその他にも副交感神経へ働きかけることにより血管を拡張させ、末梢血管にも

スムーズに血が通るようにもなり、冷え性や高血圧の効果が期待できると言われています。

 

そのため、生活習慣病予防やダイエット効果だけではなく高血圧や冷え性に

悩まされているという方にも愛飲されています。

 

小林製薬の特撰杜仲茶では、このゲニボシド酸が8倍も含まれています。

これが特撰杜仲茶の評判がいい理由の一つであるのは間違いないでしょう。

それだけ濃いということになるので、その分、苦みがあるのでは?

と思われる方もいるようですが、

「実際飲んでみると普通のお茶と変わらずにがぶがぶ飲める」

という声が多いんです。

 

また、市販のペットボトルのものと違い、煮出しタイプなので

家族で一緒に飲むのにも適していますし、自分でポットやペットボトルを用意しておいて

仕事場やお出かけの際に飲むという方も多いようです。

 

毎日飲むお茶はやっぱり健康にいいものを、とお考えなら

信頼ある製薬会社の自信作、特撰杜仲茶を試されてはいかがでしょうか。

タグ