サプリメント豆知識の記事一覧

カルシウムサプリメントの摂取し過ぎも注意が必要

サプリメントという形でカルシウムを摂るという手法は、食事からの摂取が不十分な人にとってありがたいことです。

けれど、カルシウムサプリメントの飲み過ぎは黄色信号です。

ただ摂取すればいいものではありません。

カルシウムサプリメントを習慣的に摂取する人には、加齢と共に起こる骨の弱体化を気にしている人も少なからずいます。

ですが、カルシウムサプリメントを摂取している55歳以上の女性の中には、カルシウムを摂りすぎていることにより心臓に負担がかかり、狭心症や心筋梗塞などの危険な病気になりやすい状態にあったという研究もあります。

気軽に使えるのが、カルシウムサプリメントの利点です。

サプリメントは薬品扱いではなく、栄養補助食品です。

そのため、カルシウムサプリメントの摂り方にあまり気を付けず、誤った摂り方をしている人もいるかもしれません。

食品扱いとなっているサプリメントですが、普通の食品と同列に扱えるものではないので気をつけてください。

カルシウムサプリメントだけでなくどのサプリメントにも共通する点ですが、使用上の注意をよく読み、注意書きを守ってサプリメントは使いましょう。

カテゴリはあくまで食品となっているサプリメント類ではありますが、体へ及ぼす影響は様々なものがあるので気をつけましょう。

正しい用法や用量、注意書きなどがあるはずですので、使用時には確認してください。

カルシウム不足が気になる方は、カルシウムサプリメントだけに頼らず、日頃から栄養バランスの良い食事をすることも重要なことです。

タグ

カルシウムの働きとカルシウム不足で起こりやすいリスク

カルシウムサプリメントに限らず全てのサプリメントは、普段の食事において不足しがちな栄養成分を補うためにあります。

最近では、カルシウムの補充のためにサプリメントを使う人が増加傾向にあるようです。

それだけ栄養バランスを取ることが難しくなっているのでしょう。

今の食習慣ではカルシウムが欠乏しがちだという指摘もあります。

 

カルシウムは体においてどんな働きをしていて、カルシウムが不足することによって体にどんな影響を与えるのでしょうか。

カルシウムと言えば骨を丈夫にすることは誰もが知っていることです。

骨密度が低くなり骨を弱くすることから骨折の原因になりやすくなる骨粗しょう症も高年齢者、特に女性には多くみられる病気であることも良く知られています。

たかが骨折でも、年をとってからの骨折は寝たきりの引き金にもなります。

 

カルシウムサプリメントを摂取することで、食事内容に偏りがあってもカルシウムは確保でき、骨を強く折れにくくすることが期待できます。

カルシウム不足は、加齢による骨の弱体化以外にも影響があります。

子どもの成長においても骨は大変重要な要素であり、成長期にカルシウムが不足してしまうと、骨が充分に成長しない可能性もあるようです。

最近では牛乳嫌いな子どもも多くいるようですし、アレルギーなどで牛乳を飲むこととができない場合もあるようです。

体が成長し骨を大きくする時期に強く丈夫な骨を作ることができるよう、カルシウムサプリメントの摂取を習慣化し効率よく取り入れていきましょう。

タグ

カルシウムの摂取をサプリでするメリット

カルシウム不足は現代人の食生活では大きな問題であるため、サプリメントの中でもカルシウムサプリメントは特に注目されているようです。

不足しがちなカルシウムを補う方法として挙げられているのが、牛乳やヨーグルトなどです。

ヨーグルト、牛乳、チーズなどがカルシウム豊富な食品としてメジャーですが、他には大豆、魚介類、野菜、海草類からもカルシウムは摂取できます。

ただし、これらの食物に含まれているカルシウムは、牛乳やヨーグルトほど効率よくカルシウムを摂取することはできないのです。

カルシウムを効率よく摂り入れるためには、コップ一杯の牛乳やヨーグルトを摂ることが一番簡単で確実なようです。

ですが、牛乳の特有の臭みが得意でない人も相当数います。

また、アレルギー体質のために牛乳を飲むことが出来ない人もいるようです。

カルシウムサプリメントは、このような理由によって牛乳や乳製品を口にできないけれどカルシウムを摂りたいという人に適しています。

サプリメントを利用することによって、確実にカルシウムを得ることができます。

身体に合わない牛乳を苦しい思いをしながら摂取せずとも、サプリメントを使えば手軽に摂取が可能です。

サプリメントなら持ち歩くことができるので、いつでもどこでも気にすることなくカルシウムを摂取することができます。

最寄りのドラッグストアやコンビニなどでカルシウムのサプリメントは手軽に手に入ります。

カルシウム不足を気にしている人にはお勧めです。

タグ