カルシウムの働きとカルシウム不足で起こりやすいリスク

カルシウムの働きとカルシウム不足で起こりやすいリスク

カルシウムサプリメントに限らず全てのサプリメントは、普段の食事において不足しがちな栄養成分を補うためにあります。

最近では、カルシウムの補充のためにサプリメントを使う人が増加傾向にあるようです。

それだけ栄養バランスを取ることが難しくなっているのでしょう。

今の食習慣ではカルシウムが欠乏しがちだという指摘もあります。

 

カルシウムは体においてどんな働きをしていて、カルシウムが不足することによって体にどんな影響を与えるのでしょうか。

カルシウムと言えば骨を丈夫にすることは誰もが知っていることです。

骨密度が低くなり骨を弱くすることから骨折の原因になりやすくなる骨粗しょう症も高年齢者、特に女性には多くみられる病気であることも良く知られています。

たかが骨折でも、年をとってからの骨折は寝たきりの引き金にもなります。

 

カルシウムサプリメントを摂取することで、食事内容に偏りがあってもカルシウムは確保でき、骨を強く折れにくくすることが期待できます。

カルシウム不足は、加齢による骨の弱体化以外にも影響があります。

子どもの成長においても骨は大変重要な要素であり、成長期にカルシウムが不足してしまうと、骨が充分に成長しない可能性もあるようです。

最近では牛乳嫌いな子どもも多くいるようですし、アレルギーなどで牛乳を飲むこととができない場合もあるようです。

体が成長し骨を大きくする時期に強く丈夫な骨を作ることができるよう、カルシウムサプリメントの摂取を習慣化し効率よく取り入れていきましょう。

タグ


»
«